2011年11月13日

アルベニス

サビカスのダンサモーラの練習を諦め、新たな課題曲を始めました。
だって速いピカード無理なんだもぬ。

で、何となく選んだ課題曲がイサーク・アルベニス作曲の
スペイン組曲の中の1曲、アストゥリアスです。

アルベニスはスペイン民謡に影響を受けた曲を沢山残しています。
このアストゥリアスは、もともはピアノ曲ですが、ギターで弾くために作った曲なのでは?と
思うほどギターとの相性がいい曲です。

普段はフラメンコしか弾きませんが、たまにはクラシックもということで、
家にある楽譜を探し出し、youtubeでいろいろな方の演奏を見て回りました。
もとがピアノ曲なので、奏者によって音の処理の仕方や運指が違います、
楽譜によってもだいぶ違いがあります。

とりあえず、Ana Vidovic

(´;゜;ё;゜;)速いっす。やっぱ上手いっす。

けど、一番気に入ったのはこの方。
John Williams

まぁ、大御所ですよね。
とりあえず、これをお手本としようw
アルペジオの練習にもなるし、慣れた頃にフラメンコっぽく弾いたら
きっとカッコイイと思うのよね。

以前買ったカルロス・サウラ監督の"イベリア"というタイトルのDVDに収録されていた
アストゥリアスも渋くていいです、こちらはチェロですけど。
youtube探したら見つけました。
私がチェロ奏者だったら絶対弾きたいですね。


ちょっと試しに家でブレリアのコンパスで弾いてみよ。


posted by くぉ at 17:49| 千葉 ☁| Comment(0) | Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。