2011年10月04日

課題曲

今やっている課題曲はニーニョ・リカルドのソレア
youtubeに音源ありました。



この音源はCDで出てるのかな?
見たことないや。
レコードプレイヤー買って少ししてから、浦和区の中古レコード屋でたまたま
「フラメンコギターの至芸」という日本語タイトルのレコード見つけて、
速攻で買いましたw 確か2,000円弱だったかな。
A面2曲目にこのソレアが収録されています。
ジャケットも盤も、とても状態の良い物が手に入った。
このアルバムに入っている曲の殆どが、フラメンコギターを弾く者にとって
必修課題曲と言っていい程の重要な曲ばかりです。

フラメンコを聴かない人が、一聴すると なぁ〜んか陰気で退屈に感じるかもしれませんが、
現在までのフラメンコギターの歴史の中でも、重要なアルバム・曲であると思います。
独創的で個性豊かなファルセータの数々、それら個々のメロディーに柔軟性や発展性といった
大きな可能性を秘めており、ニーニョ・リカルドの後に続くギターリスト達に、
多くの影響を与えたのも頷ける内容。
近頃のソレアだとトレモロが必ずと言っていい程入ってますが、この曲には有りません、
演奏時間も短く、速いピカードも無いし嬉しい構成です。
強いて言えば7フレット以降のポジションを多く使うので、譜読がめんどいw
あと、B音・E音が2弦開放・1弦開放なのか、4弦9f・3弦9fなのか判別がむずい、
レコードで響きの違いを聞き取ろうにも、CDと違い簡単に巻き戻し出来ないから、
運指を拾うのもめんどい&ダルい(昨夜やっと1分半まで終ったところ)( ゚ェ゚)・;'.

リカルド特有のiのセコにあわせて、他の指でジャラジャラって擦るようなニュアンスも、
なかなか難しい、トータルして やはりあの演奏の黒さはなかなか出ませんよね・・・。
つーか一生ムリポ・・・。

今までにソレアは4曲くらいやっているので、最近ではダラダラと適当にファルセータ繋げて
5分間くらいは弾いていられる様になった。
その日の気分とかでファルセータを変えて、格好良く弾けるようになりたいものです。


posted by くぉ at 17:59| 千葉 ☀| Comment(0) | Guitar | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。